トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

肌荒れ、風邪、それら全てを防いでくれる加湿の勧め


このエントリーをはてなブックマークに追加

加湿器を使う意味


ここ数年で加湿器は急速に普及しました。

若者向けのショップには可愛い加湿器があふれ、

全教室に加湿器を設置している小学校もあるそうです。


なぜそこまで加湿器は必要とされているのでしょうか。


スポンサード リンク

風邪予防のため


教育機関や病院などで加湿器が設置されている理由がこれ。

風邪の原因は80%〜90%がウイルスの感染です。

ウイルスの多くは冬場の低温乾燥の環境になると空気中の飛散量が増加します。

また、空気が乾燥すると、

ノドの粘膜が乾燥して炎症を起こしやすくなり、ウイルスを防御する力が衰えてきます。

冬に風邪が流行るのはこういう理由なんですね。

これら2つの風邪の原因を同時に解決できる、という事です。


肌荒れ防止のため


皮膚の表皮では、

皮脂と汗が混じり合って皮脂膜を作り、天然のクリームとなって皮膚をおおっています。

しかし、冬には寒気の影響で皮脂や汗が出にくくなり、

乾燥した風が肌の水分を奪うため、

肌の水分が不足して肌荒れするのです。

加湿器を使い、湿度を高める事で肌荒れを防止する事が出来ます。

身体的、精神的ストレスの軽減のため


一般的に生物は、体内の水分比率と外気の水分比率が近いほど身体的、精神的ストレスが少ないと言われています。

人間で言うと平均して67%。

ちなみに、母胎内では羊水の中、100%水分の中に浮遊していて、

誕生した赤ちゃんの水分は90%近く、年齢と共に骨格や筋肉の発達により、

成人で60〜70%、老人で50%程になります。

そのため、健康、美容、快適性等から考えると、冬の乾燥した空気の中にいるだけで、

人間はストレスを感じてしまうのです。

暖房代の節約のため


湿度と体感温度には大きな関係性があります。

一般的に、湿度を10%上げると体感温度は1度上がると言われています。

闇雲に電気代を食う暖房を付けるより、

同時に風邪予防も出来る加湿器をつけた方が実用的だとも言えます。

実際に室温が上がる訳ではないので、加湿器だけで暖房器具の代わりを果たす事は難しいですが、

暖房器具との組み合わせによって、快適な生活を送れる事は間違いありません。

まとめ


暖房を使っていると湿度は30%未満になってしまう事もあります。

・風邪の予防

・肌荒れ防止

・精神的、肉体的ストレスの軽減

・暖房器具代の節約


以上の事が同時に実現できる加湿器。

皆さんも是非試してみてください。



次の記事では大学生におすすめの加湿器を紹介しています。



〜人気記事〜

男子大学生はサルの時期

お洒落をする意味

高校生でも分かる!宝くじが当たる確率を真剣に考えてみた




SHARP プラズマクラスター搭載 デスクトップ用 加湿機能付イオン発生機 ブラック系 IG-DK1S-BSHARP プラズマクラスター搭載 デスクトップ用 加湿機能付イオン発生機 ブラック系 IG-DK1S-B
(2011/11/10)
シャープ

商品詳細を見る




スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ