トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

誰でも明日から出来る!「上手い会話」と「笑い」の法則とは


このエントリーをはてなブックマークに追加

「面白い」とは


さて、今日の話は、

モテたい男子学生

人気者になりたい男子学生



必見のお話です。

一昔前までは、なかったのに、

現代社会の男性に求められるスキル

「笑い」


「笑い」というとバカみたいですが、

「モテる男性」に関するアンケート等を見ると

必ず上位に

「面白い人」

「話が上手な人」

という意見が含まれています。


皆さんの周りにはいませんか?

平凡な話題でさえも、聞き手を楽しませるように、

面白おかしく話せる人。


今日は、そんな人達が無意識に使っている

「笑いの法則」

について、お話します。

スポンサード リンク

笑いの法則


「どうすれば笑いがとれるんですか?」

先日、この質問に、

明石家さんまさんがこう答えていました。


「そんなもん、『緊張と緩和』これだけや!」


お分かりですか?

つまり、こうです。


A「今日は給料日だー!なんか高いもん食べに行こう!」

B「よっしゃー!何食べに行く!?」

A「うどん!」

B「なんでやねん!」


緊張(流れ)を積み重ね、緩和(流れをひっくり返す)する。

笑いの基本って、これだけなんです。


緊張と緩和


「え、それだけ?」

そう思いましたか?

だけど、思い出してみてください。

例えば、ダチョウ倶楽部さんの、


ある2人が喧嘩を始める

だんだんヒートアップする

今にも殴りかかりそうだ

急に2人がキスをする


これも



大人気漫画「ワンピース」の中の

A「やるならやるぞコノヤロー」

B「やめておけ、死人が出るぞ」

A「へぇ、誰が死ぬって?」

B「私だ」

A「お前かよ!!」


これも、「緊張と緩和」がもたらす笑いですよね。



実は、あの有名な哲学者カント

「笑いは緊張の緩和から来る」

という言葉を残しているほど、

学術的にも正しい理論なんです。


話が上手って?


「笑いが『緊張と緩和』から起こるのは分かった。だけど、それと『話が上手』はまた別の話じゃないのか?」


いえいえ、そんな事はありません。

「話が上手」な事において、一番大切なのは、

「起承転結がはっきりしている」

ことだと言われています。

それをふまえてもう一度、

うどんの話を見てみましょう。


A「今日は給料日だー!なんか高いもん食べに行こう!」(起)

B「よっしゃー!何食べに行く!?」(承)

A「うどん!」(転)

B「なんでやねん!」(結)


どうですか?

起承転結がはっきりしていますね。


「話が上手」というのは

「聞き手に苦痛がない」ということ。


抑揚がなく、一本調子の話では、

どんな話でも苦痛に感じてしまうものです。


「話が上手」な人は、

「話の中に波がある」

つまり、

「起承転結がはっきりしている」


ひいては、


「『緊張と緩和』を上手く使いこなしている」


という事なんですね。


まとめ


「緊張と緩和」なんて言うと小難しく感じますが、


「流れを作って、ひっくり返す」


平凡な話題にもこれを混ぜる事によって「笑い」や「上手さ」がうまれるんです。

初めは難しいかもしれませんが、

少し意識すれば簡単に使いこなせるようになります。



「笑い」と「上手い会話」に必要不可欠な

緊張と緩和

是非、皆さんも試してみてください。 スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ