トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

飲み会で救急車を呼ぶと警察も来るって知ってた?飲み会に参加する全ての大学生へ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

救急車を呼ぶとどうなるか


突然ですが、

あなたは救急車を呼んだ事がありますか?

大学生の飲み会で救急車を呼ばれる事は少ない。

私の印象では、

それは、適切な判断や処置が出来ているからではなく、

救急車を呼ぶ事を恐れているからではないでしょうか。


「飲み会の面子には未成年もいる」

「責任問題になったらどうしよう」

「就活に影響があったら…」


その心配、全て解消します。

だから、本当にやばいと思ったら、

迷わず救急車を呼んでください。

スポンサード リンク

救急車を呼んだら


「お酒を飲み過ぎて様子がおかしい」

という用件で救急車を呼ぶと、

車が2台やってきます。

救急車とパトカーです。


お酒が絡んだ救急の場合、

事件性の有無や、未成年者の存在が疑われるため、

救急から警察に連絡され、

どうあっても警察が付いてきます。

諦めてください。

警察は何をする?


救急隊員が泥酔者に処置をしている間、

飲み会の責任者であるあなたは警察に状況を聞かれます。

「学生さん?」

「どこの学校?」

「何年生?」

「名前は?」

「この団体の名前は?」

「無理矢理お酒飲ませた?」



全て正直に答えましょう

あなたが成人で、一回目なら、

学校はおろか、親にも連絡されません。

「救急車を呼んだ責任者」として、

名前と住所は控えられますが、

その事によって、

就職や進学に影響が出る事はあり得ません。

安心してください。


ただ、その団体(部活やサークル)が短期間に何度も救急車を呼んだ場合は、

警察から学校に連絡がいき、

団体の活動停止が言い渡される可能性があります。

もしそうなっても、

それが原因で就職や進学に影響が出る事はほぼありません。


未成年者の処遇


未成年者が団体内にいた場合、

少し風向きが変わります。


未成年者が警察に見つかった場合、

1度目は、

未成年者全員の親への電話による連絡と口頭での厳重注意。

そして、

責任者への口頭での厳重注意。

名前と住所は控えられますが、

公式な記録としては残りません。


2度目以降は、

未成年飲酒として警察にお世話になり、

学校に連絡がいく可能性があります。

そこでどう対処するかは学校次第です。

とは言え、よほどの大事件を起こさない限り、

こちらも厳重注意で終わる可能性が高いです。


なぜなら、学校も警察も、

未成年大学生の飲酒なんて、見飽きているんです。

そんなもの1人1人処罰していたら、

いくつ手があっても足りません。

未成年飲酒の中でも、

比較的真面目な「大学生の飲酒」ならば、大目に見る事が多いようです。


とはいえ、あくまでもそれは警察や学校の「優しさ」


学生がなめた態度をとっていれば、

遠慮なく「然るべき処置」を行います。


地域や、その日の担当の警官によって、

多少対処の仕方は変わりますが、

大きな違いはないようです。


まとめ


救急車を呼んでも、

あなたのキャリアに傷がつく事はほぼあり得ません。

もし、あなたが少しでも「やばい」と思ったら、

迷いなく救急車を呼んでください。

それが生死を分ける事もあります。



今年の飲み会シーズン。

全国で死者が出ない事を願っています。
スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ