トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

グループディスカッションを突破するための対策とコツ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

グループディスカッション


グループディスカッションが苦手だという就活生が多い。

筆記試験、個人面接なら自分のテンポを守りつつ答える事が出来ますが、

グループディスカッションは多人数を相手に受け答えしなければならないという点が問題のようです。


そこで、今日は、

グループディスカッションを突破するために最低限抑えておきたいコツ

お話します。

スポンサード リンク

GDの評価の基準


グループディスカッションの評価の基準となるのは、

コミュニケーション能力チームワーク。


この2つを表現するのはなかなか難しい。

自分の中だけで完結できる、自己PRや志望動機と違い、

毎回多くの人を相手にしなければならないからです。



しかし、コミュニケーション能力とチームワークがあるように見せることは比較的容易い。

次の4点に気を付けてみてください。

グループディスカッション通過がグッと近づきます。


喋りすぎない


GDが苦手な人にありがちなのが、

「苦手ゆえに無理して話しすぎてしまう」というもの。


話がまとまりかけているのをわざわざ崩す。

人かまだ話しているのに割って入る。


そんなに焦らなくて良いんです。

リーダーがしっかりとした人物ならば、リーダーに指された時にしか話さなくても構いません。

日常を思い返してください。

本当にコミュ力があって周りを見れる人物が、必要以上に口を開きますか?

「空気を読む」ことはGDで大切な事の1つです。


とは言え、もちろん黙っているのは良くありません。

そんな時は、しっかりと挙手や「いいですか?」と声を出してから意見を言う。

もし意見がなければ、

「◯◯さんの〜〜という意見に賛成です」

あるいは、

「今の意見は〜〜という認識で大丈夫ですか?」

他人に乗っかって会話に参加する。

あくまでも、「議論にナチュラルに参加している」ことを

採用担当者にさりげなく見せつけることが大切です。


前提を明確にする


さて、最近フォロワーに早稲田大学の方が増えているので、早稲田大学の職員採用試験を想定してみます。

GDのお題は、

「早稲田大学のブランド力をより一層向上させるにはどうすれば良いか」


ここで、多くのリーダーはこう言います。

「では、順番に意見を出していきましょうか」



もう全然駄目です。

前提が曖昧すぎます。

「ブランド力って何?」

「どうなったら向上と言えるの?」

「いつまでに向上させるの?」

ここを明確にさせないと議論なんて出来ません。


そもそも何でブランド力を上げたいのか。

「入学希望者数を増やしたい」ならば対策は高校生保護者向けになり、

「大学ランキングを上げたい」ならば大学内部の在り方を考えなければいけません。


前提によって考える方向は全く違ってくるのです。

前提を明確にさせない限り、そのディスカッションは必ず失敗します




さらに、最初に前提を明白にすることで議論をスムーズに進められる以外にも思わぬ副産物があります。

それは、

「こいつ、できる…!!」

と周りの学生から思われること。

あなたの一言で前提を決めれば、議論はしばらくあなたを中心に回ります。

そうなれば、あなたの意見に乗っかってくる学生もいるでしょう。

結論の確認があなたに飛んでくることもあるでしょう。


この方法だけに限りませんが、早い段階で周りの学生の評価を上げることは、

後の議論を有利に進めることが出来ます。


あなたがリーダーなら意見を出し合う前に前提を明確にさせましょう。

もし、リーダーじゃなく、議論が始まりそうになったら、勇気を出してこう言いましょう。


「その前に前提を明確にしませんか?」


メンバーは助ける


また、ディスカッションを行うメンバーは「敵」ではなく「味方」です。

よく勘違いしている学生がいますが、GDのメンバーの中から次の選考に進む人数が決まっている訳ではありません。

全員が進む可能性もありますし、全員が落ちる可能性もあります。

必要以上にGDのメンバーを敵視すると足を引っ張り合って全滅という事になりかねません。

メンバーが行き詰まっていたら、積極的に助けましょう。


例えば、あなたがリーダーだとします。

メンバーが順番に意見を言っていく。

するとその中の1人が何も言えなくて黙ってしまった。


こんな時、

「やったぜ!ライバル1人脱落!!」

なんて思ってはいけません。

他人が失敗した時、それはあなたのチャンスです


「まだ意見がまとまらないなら先に◯◯さんにいきましょうか」

「さっきの△△さんの意見についてどう思いますか?」

すかさず助け舟を出しましょう。


あなたは議論をスムーズに進めたことで評価が上がり、

その学生はなんとかこの場を乗り切ったことで、次はあなたを助けてくれるかもしれません。


そうです。厳密に言うとメンバーを助けるのではありません。

メンバーを助けることで、自分の評価を上げ、後の議論を進めやすくするのです。


お題を予測する


企業ごとにお題を予測しておき、ある程度自分の意見を作っておくとスムーズに議論に参加できます。

お題の多くは、その企業の業務に関係があることです。


学校法人なら、

「ブランド力を上げるにはどうすれば良いか」

「入学者を増やすにはどうすれば良いか」


旅行会社なら、

「外国人旅行客を増やすにはどうすれば良いか」

「満足度を高めるにはどのようなツアーを組めば良いか」


の様に、ある程度想像できます。

みんなの就活、先輩、前期日程の受験者などから情報を集めることもできるでしょう。


リーダーはするべきか


また、よく質問されますが、

無理してリーダーになる必要はありません。

特に長時間に及ぶGDの場合は負担が増えるだけです。

議論をコントロールすることで結果的にプラスに働くことはあっても、

リーダーをする「だけ」で評価が上がるなんて事はありません。


但し、リーダーをする「だけ」で確実にポイントをゲットできる場合があります。

それは、立候補者が誰もいなかった時


誰もリーダーをやりたがらない、そんな時に立候補する。

説明しなくても、分かりますね?


まとめ


・喋りすぎない

・前提を明確にする

・メンバーを助ける

・お題を予測しておく



この4つを守れば、グループディスカッション通過は難しくありません。


但し、冒頭にも書きましたが、グループディスカッションは常に多人数を相手に行うもの。

絶対的な正解は存在しません。

1つ目の「喋りすぎない」というコツも、

あまりにも他のメンバーが無口なら積極的に意見を出す必要があります。

あくまでも、「基本的なコツ」であることを忘れないでください。




就活も中盤に差しかかりましたが、

何か取り上げて欲しいお題等ありましたら、コメント、リプライなどお気軽にどうぞ。


それでは。



お知らせ


Facebookページが出来ました。

記事下のボックスから「いいね!」を押して頂けると、

大学生向けの情報を中心に、

就活生必見の情報をお届けします。


記事下のオススメ記事もあわせてご覧ください
スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
24: by マッキー on 2013/05/10 at 09:45:50

前提を明確にするという部分になるほど、と思いました。
今まで受けたグループディスカッションを思い出すと、確かにちょっと曖昧なテーマが多かったように感じます。で、互いに思い思いの意見を言い合って、結局どの意見がいいのか結論が出なかった、なんて最悪のケースもありました。
もっと早く知っていればよかった・・・(ノω`)

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ