トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

大学生男子!モテるために向こう20年使える絶対に間違いないテクを授けよう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

モテる方法


まず、「確実にモテる方法」なんてありません。

茶髪が好きな女子もいれば、黒髪坊主が好きな女子もいる。

肉食系が好きな女子もいれば、草食系が好きな女子もいる。


モテるために、1番に大切なことは雑誌やテレビの「モテるテクニック」なんてものを見るのではなく、

相手をしっかりと見ること。

相手の性格、好みを把握して、その味付けに「モテるテクニック」を使用するならまだしも、

相手を見ずに、テクニックばかり考えても確実に失敗します。


とは言え、多くの女子に通用するテクニックがあるのも、また事実。

その中の1つをご紹介します。

スポンサード リンク

トップをとれ


結論から言います。

集団のトップに立ってください。


どんな小さなサークルでも良いんです。

どんな少人数のゼミでも良いんです。

その集団のトップになってください。

或いは、トップ周辺のポジションに立ってください。

「あ、俺リーダーやる」

この一言で充分です。

正直、大学生でトップを決めるのに真剣に議論する集団は稀でしょう。

多くのトップは飾りです。


しかし、その飾りのトップが確実にあなたをモテに押し上げてくれます。


モテる奴にもいろいろいる


あなたの周りにも1人くらいいませんか?

「自身たっぷりの勘違い野郎」みたいな人。

同年代の友達からは「勘違い野郎」ゆえに嫌われているのに、

妙に彼女が途切れなかったり、年下からモテたり。



また、社会人になると、今まで全然モテから無縁だった男性が、

「30歳過ぎてから急にモテるようになってさー。大人の色気ってやつが出てきたのかなー(笑」

なんてのもよくある話です。


実は、この2人の男子、同じ理由でモテているんです。


なぜモテるのか


仮に、形だけのリーダーであったとしても、

その集団に入ってくる新入りから見たら、あなたはその集団のトップです。

人は物事を判断する時、「肩書き」に大きな影響を受けます。



こんな有名な話があります。

オーストラリアの大学で5クラスを対象にして、ある実験を行いました。

イギリスのケンブリッジ大学から来た1人の人物

それぞれのクラスで肩書きだけ変えて紹介したのです。


あるクラスでは、「ケンブリッジの学生」として、

またあるクラスでは「講師」

別のクラスでは「助教授」

最後のクラスでは「教授」として紹介しました。


そして、後に各クラスで

「彼の身長はどのくらいでしたか?」

とアンケートをとりました。

すると、地位がひとつ上がるごとに約1.5センチも身長が高いと感じ、

「教授」として紹介したクラスでは

「学生」として紹介したクラスよりも6センチも身長が高かったと答えたのです。


その人物はただの学生だったにも関わらず、です。



この実験以外にも、

有名料理人の料理を「主婦が作ったもの」として

主婦の料理を「有名料理人が作ったもの」として

「どちらが美味しいか」をアンケートした実験結果も残されています。

結果はご想像の通りです。


恋愛も同じ


このように、肩書きやイメージによって、

五感の1つである、視覚や味覚さえ騙されてしまうのです。

それは、脳が騙されてしまうこと、すなわち、

感情すらも騙されてしまうことに繋がります。


とは言え、肩書きなんて簡単に得られるものではありません。

本来は、それ相応の努力をした末に手に入れるものであり、

だからこそ人は惑わされてしまうのです。


しかし、大学において肩書きを得ることは難しくはありません。

サークルなら会長、副会長、新歓部長、

ゼミならゼミ長、

バイトならバイトリーダー、

投票や推薦で行うところは稀でしょう。

「あ、俺やる」

その一言で肩書きを得られるのです。


モテる勘違い野郎


最初の話に戻りましょうか。

「自信たっぷりの勘違い野郎」

このタイプの人間は自信たっぷりゆえに人の上に立ちたがります。

ゼミ長や学生団体その他様々な肩書きを手にしようとし、それがさらに自信を助長させます。

周りの同級生から見れば、

「能力もないくせに肩書きばっかで…(笑」

と思われているかもしれません。

しかし、その集団に初めて入ってきた人から見ればどうでしょう。


「ゼミ長で…学生団体も入ってて…凄い人なんだなぁ…」

そう思うのが自然です。

すると言葉や行動にも説得力が伴ってきます。

好意を持ちやすくなるのも自然な流れです。


「30歳超えてから急にモテだして…(略」

この人も同じです。

もちろん大人の魅力が出てきた可能性もありますが、おそらく、

30歳を超えてその集団(会社、部署)の中での地位が向上して肩書きを得たのでしょう。

事実、モテる対象は同年代よりも、新入社員や年下の方が多い様です。


どんな小さな肩書きでも構わない


ここで大切なのは、

どんな小さな肩書きでも構わない

ということ。


もちろん大きな肩書きであるに超したことありませんが、

自分の能力や外見からあまりにもかけ離れている肩書きは不信感を招きます。

前述の「勘違い野郎」の様に思われてしまうかもしれません。

まずは自然な小さなものからで構わないんです。

それでも集団内の人に対しては絶大な効果を発揮します。


余談ですが、

この時期に1年生から一番モテるのは、

サークルの新歓部長です。

文系理系サークル体育会系問わずモテモテです。


まとめ


トップをとったり、肩書きを得たりすることがモテに近づくのは間違いありません。

しかし、それはあくまでも「きっかけ」の部分。

「きっかけ」のその先はあなたの努力次第です。


しかし、

男性にとって恋愛対象にならない女性は 全女性の2割程度
女性にとって恋愛対象になる男性は 全男性の2割程度



なんて言われるように、「きっかけ」を掴むのはとても大切なことです。


確かに肩書きを得たら、面倒なことも増えるかもしれません。

しかし、あなたが今以上にモテたいのであれば、

肩書きはその面倒以上の効果をあなたに与えてくれるかもしれません。


SPUTNICKSメンズスタイル

スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ