トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

できるビジネスマンはなぜうんこを漏らすのか


このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ


daEgU2eCZ1r20amnKWgRsKEsNtrHMPOtYi8TBGM4uNfz-p7uL33WD36.jpg

株式会社はてなが運営するサービスに「はてな匿名ダイアリー」というものがあります。

その名の通り、匿名で日記が書けるサービスでありながら、

「はてな」というコミュニティに属するため、

たった1つの記事で何万人もの人に読まれ、何千もの反応を得られることも出来るサービスです。

そんな「はてな匿名ダイアリー」に昨日、こんなエントリーが登場しました。


通勤途中にうんこを漏らした。


題名だけで十二分に伝わってくる悲痛な訴え。

通勤途中でうんこを漏らし、スラックスにうんこのシミを付けながら業務を行うという鋼の心を持った作者は、

一部始終を語った後、文末でこう言っています。

「『できるビジネスマンはなぜうんこを漏らすのか』なんて新書があったら買いたい気分だ」


私は思いました。

あながち間違ってない、と。

スポンサード リンク

できるビジネスマンはなぜうんこを漏らすのか


普通に考えれば「できるビジネスマン」どころか、

「まともな大人」であればうんこを漏らすことはないようにも思えます。

しかし、

googleで「うんこ 漏らした」と検索

すれば、数えきれないほどのうんこエピソードがヒットし、今や、

うんこを漏らすということは、非日常ではなく日常にあり得ることなのです。

そして、その中でも「できるビジネスマン」がうんこを漏らしやすいのには理由があります。


できるビジネスマンはトイレに行きづらい


極端な話、ニートがうんこを漏らすことは少ないでしょう。

だって、いつでもトイレに行けるのですから。

しかし、「できるビジネスマン」は違います。

任される仕事は多く、不必要にトイレに行くことは出来ません。

会議中や、訪問先では長時間トイレに行けないこともあるでしょう。

1度チャンスを逃せば、次に便器に会えるのは何時間も後かもしれない。

「できるビジネスマン」が排泄できるチャンスは限られているのです。


できるビジネスマンは下痢になりやすい


人がストレスを感じたとき、もっとも影響を受けやすい臓器が胃腸だと言われています。

具体的には、男性は下痢、女性は便秘。

つまり、ストレスを受けやすい男性は下痢になりやすいということ。


「できるビジネスマン」は、様々な形でストレスを感じるでしょう。

気難しい上司には気を使い、

妬んでくる同僚をかわし、

尊敬の眼差しを向けてくる後輩にはボロを見せないように。

なまじ「できる奴」と思われているため、気を抜くことは出来ずストレスは貯まる一方です。

「できるビジネスマン」は下痢になりやすい生活を送っているのです。


できるビジネスマンは自分の限界を知っている


「できるビジネスマン」は先を読む能力に長けています。

「後、何時間あれば仕事を終わらせられる」

「これ以上睡眠時間を削れば明日の仕事に影響が出る」

言い換えるならば、「できるビジネスマン」は自分の限界をよく知っているのです。


「できるビジネスマン」は便意に襲われた時、おそらくこう考えます。

(ふむ…この括約筋の収縮具合と発汗量からして、あと30分は耐えられるな…ここでトイレに行ってしまっては時間の無駄。オフィスに着いてからでも充分間に合う…!!)


しかし、うんこはいつでも私たちの想像の上をいくものです。

この時ばかりは、「できるビジネスマン」も先を見誤ってしまう可能性が高い。

「できるビジネスマン」は能力の高さゆえに、危険な状態に気付かない事もあるのです。


さらに「できる」様になるために


このように、「できるビジネスマン」は常人よりもうんこの危険にさらされる可能性が高いのです。

しかし、危険にさらされた時の対処を知らないのは、

「できるビジネスマン」の中でも二流。

本当に「できる」のなら、便意を感じたときの正しい対処の仕方も知らなければなりません。


便意を感じた時、どうすれば良いか


以前、とある人気番組の一環で、

「心理学者と肛門科医師が教えるうんこをしたい時に我慢する方法」

という特集が放送されたことがありました。

専門家2人の8時間にも及ぶ議論の結果は、


「『うんこは腸に留まるぞ』と言いながら10秒ごとに肛門の筋肉を締め、静かに歩く」


心理学的には、「うんこは腸に留まるぞ」と自己暗示をかけることで生理的な変化が期待でき、

大腸肛門生理学的には、1分間が締め付ける限界である肛門括約筋を長時間動かすには、10秒ごとに休ませることが大切だということ。


ここからは私の予想ですが、

自分に言い聞かせることで自己暗示をかけるという手法は、一般人には少々難易度が高い。

頭の中でイメージするだけでは足りず、少なくとも発声しなくてはいけません。

また、より自己暗示を強くさせるために、はっきりと大きな声で自分に言い聞かせることをオススメします。


大切なことなので、もう1度。

「『うんこは腸に留まるぞ!』と言いながら、10秒ごとに肛門の筋肉を締め、静かに歩く」


この知識が件の作者に届くことを祈っています。


まとめ


「できるビジネスマンがうんこを漏らす理由」

分かって頂けたでしょうか。

「うんこを漏らす」という行為は誰にでも訪れる恐怖であり、特殊なことではありません。

あなたも、あなたのパートナーが漏らしても不思議ではないのです。

しかし、目の前で惨事が起こっても決して手を貸さぬようお願い致します。

相手方のわずかに残った自尊心を根こそぎ奪ってしまう可能性があります。



また、冒頭の画像は、

エア新書さんのジョーク画像であり、実際には存在しない書籍ですので、

間違っても書店で店員さんに聞いたりしないでください。

あなたの自尊心が根こそぎ奪われてしまう可能性があります。


スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ