トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

試験中の自分が好きなら、あと1週間頑張ればそれが習慣になる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

試験中の自分が好き


大学生の多くは、試験が嫌いです。

普段勉強しない学生からすれば、朝から晩まで勉強しなければならない試験期間なんて嫌い以外の何者でもないでしょう。


しかし、試験中の自分が好きだと思ってる人は案外多いのです。


スポンサード リンク

試験中は誰もが努力する


当たり前の話ですが、試験中は普段どんなに怠けている学生でも努力をします。

真面目に講義に出席し、家に返っても試験勉強、

睡眠時間を削り、通学電車の中でも教科書を読み込む。


いやらしい話、誰もが努力している自分が好きなんです。

「試験自体は嫌いだけど、試験期間の自分は嫌いじゃない」そう考えるのは自然の流れです。


そして、多くの学生がこう考えます。

「せっかくこれだけ頑張っているんだから、夏休みもこのまま努力しよう。資格の勉強か、とりあえず早起きから始めようかな…」

しかし、大半の学生は試験が終わった次の日には堕落した生活に逆戻りしてしまうのです。

なぜでしょうか。


最低3週間続けないと習慣にならない


大学生の実質の試験期間が約2週間、

私の経験上、何かを習慣化するためには最低でも3週間は続けなけれなりません。

2週間マジメに早起きして、勉強して、努力を続けても、

試験が終わったその日にオールで飲んで、次の日も昼過ぎまで寝てしまうと、

あっという間に試験前の自堕落な生活に逆戻りです。


仮に資格の勉強がしたいのなら、

あと、1週間頑張るんです。

あと1週間、合計で3週間早起きして、勉強する習慣を付ければ、夏休みの間ずっと自然と行動することが出来ます。

試験が終わってから1日でも空いてしまえば、次に行動するのはいつになるか分かりません。


すぐ行動できるようにしておく


人は元々めんどくさがりな生き物です。

何かを始めようと思っても、締切までが長過ぎれば今日はいいかなと思ってしまう。

勉強しようと思っても、目の前に勉強道具がないと勉強できない。


ポイントは、夏休みが始まる前に準備を少しでも済ましておくこと。

TOEICの勉強をするなら試験の合間に参考書を買っておく。

早朝ランニングを日課にしたいのならコースを考えて、服を用意しておく。

まだ特に決まっていないけど「何かしたい」のなら、「何か」の候補を紙に書いておいて、すぐに見返せるようにしておく。


勉強にしろ、運動にしろ、「何か」を新しく始めるのは大変なことです。

時間のある時に始めようとすると、何かと理由を付けてなかなか始めることが出来ません。

しかし、始めてしまえば意外と簡単に続けられるのも事実。

試験期間で時間のない「今」に少しでも始めてしまうことで、夏休みに入ってからスムーズに続けることが出来るのです。


まとめ


夏休みに限らず、長期休暇は誰もが自堕落な生活を送ってしまうもの。

もちろんゆっくり過ごすのも悪いことではありません。そのための休暇です。


しかし、普段の何もしない自分が嫌いで、この夏休みに変わりたいのであれば、

この試験の流れのまま行動を起こしましょう。


今、すぐに。


スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ