トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

私が大学生に長財布を勧める本当の理由 "稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか"


このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生の長財布



『財布の購入価格×200』が年収になる


少し前に話題になったこんな話、あなたは知っていますか?


財布は、最も身近な小物の1つです。

小物の多くはファッションと密接な関係がありますが、

財布はファッションの枠を飛び越えた数少ない小物だと言えます。



私は、大学生には長財布を持つことを勧めています。


スポンサード リンク

稼ぐ人はなぜ長財布を使うのか



稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
(2010/12/02)
亀田 潤一郎

商品詳細を見る



「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか」

こんな本があります。

税理士の亀田純一郎氏が、多くの経営者やお金持ちと接してきた経験から、

お金への向き合い方を真摯に考える内容になっています。

著者は、「お金との向き合い方が変われば生き方が変わる」を軸に、お金への接し方、

また、一番簡単に生き方を変える事ができるポイントとして、

「財布を変える」ことを勧めています。


稼ぎ続けることのできる人たちは、財布をはじめ、お金の周辺にあるあらゆる部分にこだわりをもっているからこそ、
そしてお金そのものをないがしろにしないからこそ、高い水準のお金を引き寄せることができているのです。




年収200倍の法則


また、著者は、「稼ぐ人は長財布を使う」根拠として、

「年収200倍の法則」を主張しています。


私がそこまで財布の力を信じる理由の一つに、財布にまつわるある不思議な法則があります。

それが、「年収200倍の法則」。

「財布の購入価格×200」の数字が、ちょうど持ち主の年収(経営者の場合は可処分所得)を表してしまうというものです。




本書の中で論理的な説明はありませんが、

自身の経験から著者はこの考えに絶対的な自信を持っているようです。


私が大学生に長財布を勧める理由


そして、私が大学生に長財布を勧める理由は、

「長財布にすることでお金への意識が変わる」からではなく、ましてや、

「財布の値段×200が年収になるから」でもありません。



この本が売れたからです。

累計26万部突破のベストセラー。

経済誌やビジネス誌のコラムでも「財布の値段×200=年収」のフレーズは大人気。

先日は亀田純一郎氏をテレビでもお見かけしました。


おそらく、これから著者がますます有名になるに連れ、

「稼ぐ人は長財布を使う」

ひいては、

「仕事のできる人は長財布を使う」

という考えが広まり続けます。


元々、日本には長財布神話「的なもの」は存在しました。

私も大学に入った頃から長財布を愛用し、小綺麗に使っていたその財布を年配の方に褒められた事が何度かあります。


そして、その長財布神話「的なもの」が本書によって限りなく実現に近づいています。

つまり、

ある日、社長の目の前で自分のお財布を出して、お金を払う場面があった。すると社長の顔色が、突然曇った。

 「君は税理士を目指しているんだよね。僕は君みたいな人に、大切なお金の管理を任せたいとは思わないな」

社長が苦々しい顔つきで見詰めていたのは、私のお財布だった。




若き日の著者が言われたこの言葉が、

これからは日本のあちこちで聞こえるようになるかもしれない。

税理士に限った話ではありません。


もちろん、「かもしれない」程度の話です。

こんな考え方には一生出会わずに終わるかもしれない。


しかし、長財布神話の考え方を持っている人は年を重ねるに連れどんどん増えていきます。

印象としては、ビジネスマンの中でも比較的高学歴で会社勤めをしている人に多い。

問題は、そういった人の多くはわざわざ口に出して指摘してくれないということ。

そういう意味では、著者は幸運だったと言えるでしょう。



長財布にすることで、損をする事はなにもない。

だけど、それ以外のものを使っていることで、

「あ、ダメだこいつ」

と思われる可能性があり、本書が正しければ「稼ぐ人」になれるかもしれない。



私は大学生に長財布を使うことを勧めています。


長財布に限らない


「いや、そうそう財布で人を判断する人なんていないだろう」


そうかもしれません。

いや、実際にいないかもしれないんです。


ですが、

財布を持たずにお金を全てポケットに押し込んでいる人がいたら、あなたはどう思いますか?

おそらく多くの人は良い印象を受けないでしょう。


では、ボロボロの布の財布だったら?

革の二つ折りだったら?

安物の長財布だったら?


あなたはどこでその「良くない印象」を受けなくなりますか?


そんなの人の勝手です。

みんな自分の常識を勝手に相手にも当てはめて判断します。


しかし、自分の知らないうちに「それぞれの常識」で勝手に判断されることが人生においては多々あります。


お洒落なあなたはファッションに無頓着な人を知らず知らずの内に見下してませんか?

あなたにとってファッションは人を判断する一助でも、相手にとってはどうでも良いことなのです。


成績の良いあなたはギリギリ進級した人を見下していませんか?

あなたにとって成績は人を判断する一助でも、相手にとってはどうでも良いことなのです。



同じ理由で、財布が原因であなたの人間性を勝手に判断されることは充分にあり得るんです。


まとめ


「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか」


気になる題名ですよね。

それと同じくらいに胡散臭くも感じます。


だからこそ読んで欲しい1冊です。

「お金」って全ての人の人生に寄りかかるものです。

「胡散臭い」と思うのは「知識がない」から。


この本を読んで、1度お金との向き合い方を考えてみると良いかもしれません。


稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
(2010/12/02)
亀田 潤一郎

商品詳細を見る



オマケ


ちなみに、この本の中で紹介されている「長財布」は、

ルイヴィトン タイガ

ルイヴィトンのタイガ、「ポルトフォイユ・ブラザ」 73500円。


もちろん、高級ブランド財布を使わなければいけない訳ではありません。

「財布の値段×200=年収」の話は面白いですが、全く根拠のない話です。


大学生にオススメしたいのは、ブランドバリューはそこそこに、良質な革の長財布。

ブライドルレザー使用 長財布

英国製ブライドルレザー使用 長財布 12600円



ルイヴィトンは素晴らしいブランドですが、ブランド価値を保つためにある程度価格をつり上げているのは否定できません。

「シンプルな長財布」が欲しいのであれば、同等以上の革を使った財布を比較的安価で手に入れることが出来るのです。


上記の財布は、財布のブランドこそ無名ですが、原料の革を制作しているのは英国の名門セドウィック社。

向こう10年胸を張って使える財布です。

セドウィック社



また、革の王様と呼ばれる日本製コードバンを使った財布も販売されています。

コードバン 長財布

日本製コードバン使用 長財布 16800円



最近ではなかなか見なくなった財布への名前入れサービスも行っているので、革製品をお探しの方は参考にどうぞ。

名前入れ


上質な革製品なら『GLENCHECK』



スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
48: by on 2013/09/16 at 11:49:18

最近読みはじめて今追い付きました
面白くてためになります
できればF欄の就職について記事を書いていただきたいです

162: by 電子の海から名無し様 on 2015/10/05 at 23:17:58

昔の記事にレスするのもなんだけど
長財布のメリットって、要は見栄えってことかな

道具なんて使いやすい物を使えばいいのに
状況にあったものを使った方が理に適ってる

論理を押しつけるわけでもなく、皆が使っているからそうするっていう考え方は理解不能です

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ