トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

女子大生よ。大好きな彼氏に振られたくなければ、夜の運動会が終わったらすぐに服を着ろ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 長く付き合う

男女の付き合い


「長く付き合うコツ」

そんなものは書籍やウェブにありふれていますが、私が行った独自の調査(大学生との雑談)によると、

かなり重要な1つの法則が浮かび上がりました。

それは、

夜の運動会の後に服を着ること


バカバカしい話のようですが、バカにできない話なんです。


スポンサード リンク

振られる理由


女子が男子に振られる理由は様々ですが、よくある話の1つに、

「女として見られなくなった」

というものがあります。

これが意外と深刻で、

「女として見られなくなった」から、彼女のワガママにイラつくようになったり。

「女として見られなくなった」から、彼女の前でカッコ良くいようという意識が薄くなったり。

様々な二次被害を起こしてあっという間に男女の仲をぶち壊してしまいます。


運動会の回数が減るよね


「女として見られなくなる」兆候の最たるものが運動会の回数です。

付き合いたては毎日のように開催された運動会も、

半年、一年と月日が経つに連れてどんどん減っていきます。

主催権は大抵男子が持っていますから、回数が減る理由は、

「男子が誘わなくなったから」です。

なぜ回数が減るのか。

「女として見られなくなってきたから」です。

じゃあ、なぜ女として見られなくなってきたのか。

「慣れてきたからです」

なにに?

おっぱいに、です。


運動会という非日常


なぜ、人々は運動会に興奮するのか。

"非日常だから"です。

もし女性が街中でおっぱい丸出しで歩いていたら、男子はこれほどまでにおっぱいを愛したでしょうか。

答えはノーです。

普段見られないから、特別なときに見られるから意味があるんです。


運動会も同じです。

彼女の裸体を見られるという"非日常"。だから興奮するんです。

それが、毎日開催されて、毎日長時間同じおっぱいを見ていたらどうでしょう?

だんだんと見慣れてきます。

"非日常"が"日常"に変わります。

興奮しなくなります。

女として見られなくなります。

お別れです。


少しでも"非日常感"を残せ


どれだけ仲が良くなっても、男と女という区分は大切です。

「女である」という当たり前のことを当たり前にキープしなければならないのです。

よって、少しでも見慣れさせないために、閉会したらすぐに服を着るとか。

コスプレ運動会とか、開催する場所を変えるとか。

少しでも"非日常感"を残すのが男女の付き合いを続けるポイントです。


まとめ


運動会が男女の興奮を誘発するのは"非日常"だから。

"日常"にしたいためにも、裸体を見慣れさせないようにしたり、特殊な運動会を開催するなどの工夫が必要です。


スポンサード リンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連記事

SPUTNICKS
当サイトは移転しています。
「大学生はこれを見ろ」は移転しています。

大学生はこれを見ろ
大学生必見の情報はSNSで
「大学生はこれを見ろ」はTwitter、Facebookページも運営しています。
「いいね!」を押して頂ければ、大学生必見の情報、更新情報等をお届けします。



大学生がよく読んでいる記事
メンズファッションに関する人気記事
就活に関する人気記事
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

サイト内検索

Facebook

SNS

カテゴリ

人気記事一覧

おすすめショップ

SPUTNICKS

最新記事

月別アーカイブ

はてぶ人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitterやってます

ブログパーツ